訪問しつけサービス「ばけおに」って何?試した人の口コミから分かること

スポンサードリンク

何年か前に流行った「鬼から電話」というアプリ、覚えている方も多いのではないでしょうか?

スマホに鬼から着信があり、着信ボタンを押すと鬼の声で子どもを叱ってくれるというアプリですよね。実際に子育てに役立ったという方もいると思います。

でもこのアプリ、何回か使うと子どもも慣れてきて、だんだん怖がらなくなってきませんか?

「一回でいいから本当に鬼が来てくれたら…」

なんて考えたことのあるママ・パパもいるでしょう。

そんなママ・パパの願いを叶えてくれるのが、訪問しつけサービスの「ばけおに」なんです!

今からその内容を詳しく説明していきますよ。

ばけおにって何?

「ばけおに」は、一言でいうと、鬼の格好をした人が自宅にやって来て、子どもを怖がらせてくれる訪問しつけサービスです。

アプリからの声とは違い、生身の鬼(人間)が子どもの前に現れるのですから、その効果は絶大ですよ!

 

>>ばけおにを見に行く

 

ばけおにの内容

コンセプト

「ばけおに」のコンセプトは、ズバリ“親子の絆を深める”こと。

「鬼から電話」では、スマホに鬼から電話がかかってくるだけなので、鬼に対してママ・パパが対抗したり、子どもを守ってあげたりすることはできません。

それに対して、「ばけおに」では自宅に鬼という部外者がやって来て、それに親子で立ち向かうことで親子の絆が深まるので、以後ママやパパの言うことを聞いてくれるようになるんです。

 サービスの概要

「ばけおに」サービスの内容は、とてもシンプルです。

予約

まず、

最寄駅/子どもの名前/子どもの年齢/困りごと

をフォームに書いて、「ばけおに」の訪問日時を予約します。

ばけおに訪問

当日の流れは以下の通りです。

■登場

「ばけおに」が部屋の入り口の戸をドンドンと叩きます。

子どもが音のする方に注目して身構えたところに、「ばけおに」が「ガオー!」と叫びながら飛び込んで来ます。

■「ばけおに」が僕を探しに来た!

「悪い子はどこだー」「〇〇(子どもの名前)はどこだー」と叫びながら「ばけおに」が包丁を振り回します。

子どもは、「ばけおに」が自分を探しに来たと思い、必死に逃げようとします。

※子どもの状況を見ながら、「ばけおに」は声の大きさや子どもとの距離を調整します。

■ママ・パパが子どもを守る

子どもの不安が和らぐように、ママ・パパが子どもをしっかり抱きかかえ、

「大丈夫、大丈夫」「いい子にしていれば大丈夫」などと声掛けをします。

■説教

予約時に記入した「困りごと」について、「ばけおに」が子どもに説教をします。

「好き嫌いする子は、みそ付けて食べるぞー!」といった具合です。

■謝り、許されて終わる

最後に子どもに「ごめんなさい!」「悪い子しません!」「許してください!」という言葉を大声で言わせます。

その言葉を受け、「ばけおに」は、「許してやる!」「いい子になれよ!」「悪い子したら、また来るぞ!」と言い残して、静かに去って行きます。

支払い

鬼が去った後、支払いを行い、終了です。

bakeoni.com/:出典

ご近所さんの迷惑になるのでは??

「ばけおに」の実施時は、お子様が泣き叫ぶので、ご近所の方から「虐待では?」と疑われたり、「うるさいなあ」と迷惑がられたりすることがあります。このようなケースに配慮し、「ばけおに」であることを知らせる看板を、見やすい所に掲示してくれます。

 

>>ばけおにの詳細はこちら

 

実際に利用した人のリアルな口コミ

ママ友 口コミ 画像 に対する画像結果

ここからは実際に「ばけおに」を利用した人の口コミをご紹介しますよ。

口コミ1

近所のママ友を集めての節分パーティーに利用しました。

親が鬼をやるよりも照れがないから迫力が段違いでしたよ。

親は子どもを守る役になれるから親子の絆が強くなった気がします。

口コミ2

効果は絶大です。

うちの子、3歳なんですが下の子が生まれて赤ちゃん返りがすごかったんです。

でも、ばけおにに来てもらってからピッタリと止まりました

例えば夜ぐずっても「早く寝ないとなまはげ来ちゃうよ!」と言えばOK。

サービスを利用してから半年経ちましたがまだまだ効果は継続中です。

口コミ3

「ばけおに」を利用してから子どものしつけが本当にラクになりました

ちょっとワガママを言ったら「またなまはげさん来ちゃうよ!」と言うだけ。

これが効果絶大で、背筋を伸ばして「ごめんなさい!」って謝るんですよ。

子どもにとってはかなりトラウマになってるみたい(笑)

namahage.hatenablog.com/:引用元

口コミ4

事前に打ち合わせができるので、「おもちゃを片づけないと食べるぞー!」など

とセリフを決めることができたのがよかったです。

gamusharana.com/osusume/other/bakeoni/:引用元

なるほど。。。近所のお友達を招いてのパーティーに呼んでみるのは、お値段もリーズナブルになっていいですね。子供たちが団結してばけおにに立ち向かおうとする姿は、想像するだけでカワイイです。

料金とサービス地域

なまはげ 画像 に対する画像結果

「ばけおに」の料金とサービス地域は以下の通りです。

料金

子ども5人まで・・・20,000円(税込)

6人以上・・・子ども一人につき、プラス4,000円(税込)

※「とくトク・サービス」あり。

「とくトク・サービス」

「クチコミ」サンキュー・サービス

既に「ばけおに」サービスを利用した人が友達にクチコミし、その友達が利用に至った場合、クチコミ元の方に4,000円をプレゼント。

「SNS」割り引き

Facebook、twitter、LINEへの画像付き投稿で、1,000円割り引き。

「見つけた割り」

街なかでばけおにを見つけ、その様子を写真に撮れたら、1,000円割り引き。

料金に含まれるもの

・「ばけおに」パフォーマンス

・出張交通費

対象年齢

3歳~6歳。

(3歳未満だと、ただ怖いだけになってしまい、7歳以上だと、演技を見破ってしまうそうです。)

対応地域

東京23区およびその近郊。

テレビ放映

テレビ 画像 イラスト に対する画像結果

「ばけおに」は、日本テレビ系『月曜から夜ふかし』で取り上げられたこともあるんですよ。

それだけ注目度が高いということですよね。

まとめ

いかがでしたか?お金を払えば自宅に鬼を呼べるなんて、とても面白いサービスですよね。

もし身の回りに、3歳から6歳のお子さんが言うことをきかなくて困っている方がいたら、是非「ばけおに」のことを教えてあげましょう!感謝されること間違いなしですよ。

 

>>ばけおにの詳細はこちら

 

SNSでもご購読できます。