セレブ注目!ビーポーレンの栄養価や美容効果、食べ方を紹介

数多くあるスーパーフード、今回はセレブも注目する「ビーポーレン」を紹介します。

スポンサードリンク

ビーポーレンとは

ビーポーレンとはミツバチの花粉のことです。

Beeとは蜂、Polleは花粉を意味しています。

ミツバチが色々な花から持ち帰った花粉には良質な栄養がたくさん含まれています。

その花粉を働き蜂が食べるとロイヤルゼリーとなり、女王蜂の栄養分になります。

女王蜂だけでなく、この花粉は人間にとっても害がなく、健康や美容効果に優れています。

そのため、欧米ではパーフェクトフード、もしくはミラクルフード呼ばれています。

ビーポーレンの栄養価

ビーポーレンにはビタミンA, B12初めとしたB群,C, Eや必須アミノ酸、たんぱく質に加えて、カルシウムやマグネシウム、亜鉛や鉄と言った27種類のミネラルと5000種類以上の酵素、補酵素が含まれています。

蜂関連の食品としてはプロポリスやローヤルゼリーが有名ですが、元々栄養価が高い、それらの食品と比較しても優れており、「世の中にこれ以上のものは存在しない」と評価されるものです。

スポンサードリンク

ビーポーレンの効果・効能

免疫向上とアレルギー作用

ビーポーレンに含まれるビタミンやミネラルは免疫力の向上と抗アレルギー作用に効果的です。

アメリカの医学博士の研究成果でも花粉症や喘息などの患者に有意に改善効果があったと報告されています。

美容効果

ビーポーレンに含まれるビタミンやアミノ酸は乾燥肌やニキビ、湿疹などの荒れた肌にとても効果的です。

同様に髪や爪にも良い効果を与え、髪に艶を与え、抜け毛予防にも効果的です。

アンチエイジング

ビーポーレンに含有する抗酸化酵素であるセレンというミネラルやビタミンC, Eなどの抗酸化物質が細胞の老化の遅延に効果的です。

ダイエット効果

ビーポーレンに含まれるマグネシウムは整腸作用があり、便秘改善効果があります。さらに栄養、たんぱく質が豊富なのにカロリーが低く、ダイエットフードとしても優秀です。

副作用

一方で、ビーポーレンには副作用の懸念もあります。アレルギーを持つ一部の方にアナフィラキシーショックを起こしたという報告があります。

アレルギー症状をお持ちの方はまずは少量からスタートし、お医者さんとも相談する方がよろしいかと思います。

ビーポーレンの味・食べ方

ほんのりとした甘みの中に、植物特有の苦みがあり、はちみつのようなにおいがするビーポーレン

そのままでも食べれますが、ヨーグルトやグラノーラなど、味が強めの食品と混ぜて食べるのをお勧めします。

ビーポーレンの口コミ

元々花粉の塊であるビーポーレンを服用することによって、花粉症に対する効果があったと言われる一方で、副作用の報告がされているために重度の花粉症やアトピー性皮膚炎の方は避けたほうが無難かもしれません。

また、お腹がゆるくなったという人もいたみたいなので、胃腸が弱い人は注意が必要です。

他のスーパーフード紹介

スーパーフードはまだまだ他にもあります。自分に合うスーパーフードを見つけて是非美しい体と健康を維持してくださいね!

2017年にブレイクしそうな「スーパーフード」ランキングはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*