【必見】かかとがかゆい原因は水虫だけじゃない!対策を徹底解説

「かかと」が体の中でどんな役割を果たしているかご存じですか?

私たちが歩くとき、かかとは直接地面に接して体重を支える部位。人間が二足歩行をする上でとても重要な役割を果たしています。

その「かかと」にかゆみを感じたことはありませんか?長い時間靴を履いていたら、急にかゆくなって、靴の上から掻きたくなった!という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、ガサガサは気になるけど、かゆみは感じたことがない、という方もいるかもしれません。

今回は

  • かかとのかゆみの原因
  • その症状と対策

を徹底解説します。

かかとがかゆい原因は何?

かかとがかゆいと、水虫?と思ってしまいますが、実はかかとにかゆみが出る原因は水虫以外にもいくつかあります。

原因としては以下の5つが挙げられます。

  • 水虫(一番頻度が多いです。)
  • 異汗性湿疹(汗疱)
  • 掌蹠嚢胞症
  • 角質の乾燥やアレルギー
  • ひびやあかぎれ
  • 老化現象

1つずつ解説いたします。

かかと水虫

かかとのかゆみの原因として、やはり一番に挙げられるのは「水虫」です。

かかと水虫を知る

水虫は、「白癬菌(はくせんきん)」というカビの一種が、皮膚のいちばん外側の角質層に感染して起こる病気です。感染した体の部位によって病名は異なり、手足にできたものを「水虫」と呼び、特に、かかとに発生する水虫は「かかと水虫」と言います。

かかと水虫は、普通の水虫よりはかゆみが少なく、カサカサとしている角質増殖型の水虫で、足の裏やかかとに発生します。ちょっと見るとカサカサした肌荒れと変わりないような見た目をしているのが特徴です。

本来、かかとの部分だけ水虫になることはなく、他の部位に感染した水虫菌が、かかとにまで進行した状態がかかと水虫になります。

次のような症状があったら、かかと水虫を疑いましょう

・かかとがカサカサしている、ひび割れがある

・かかとがひび割れて、肌が開いたような状態になっている

・かかとが変色していたり、皮膚が厚くなっている

・足の他の部分に水虫かそれらしき病変がみられる

酷くなると、こんな状態になります。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12153815592

 

かかと水虫の症状じゃない場合はコチラ

(若干グロデスクな画像もありますので、閲覧にご注意ください。)

 

かかと水虫対策

こんな状態になる前に、またなってしまった後に悪化させないためにかかと水虫症状を改善するための方法を解説します。

清潔を保つ

白癬菌は清潔な場所が苦手。なので、患部を清潔に保つようにすることが第一です。

そもそも白癬菌は付着するだけでは感染しません。皮膚の内側まで侵入して初めて発症するのです。

なので、菌が皮膚に付着してから24時間以内に洗い落とすことで皮膚内への感染を防ぐことが出来、水虫にならずに済むというわけです。

必ず1日1回は足を綺麗に洗い、かかと水虫を予防。万が一感染してしまった場合も悪化を防ぎましょう。

その場合の留意事項は

・殺菌力のある石鹸を使うこと→菌を撃退する素地を作ることができます

・足は優しく洗うこと→ゴシゴシ洗うと皮膚を傷つけそこから菌が入る原因になります

足に触れるものはしっかり乾かす

バスタオルやバスマット、しっかり乾かして清潔な状態で使っていますか?

白癬菌は湿気が大好物ですから、足に触れるものはちゃんと乾燥させて使うことが大切です。

そして、ついうっかりしがちなのが絆創膏。絆創膏も蒸れる原因になりますので、水虫の患部がぐしゅぐしゅしたり、水疱が破れたからといって安易に絆創膏を貼るのはやめましょう。

毎日同じ靴を履かない、職場では別の履物を用意

日常生活で気を付けたい点が靴の扱いです。

毎日同じ靴を履いていると、白癬菌が増殖しやすくなってしまいますから、面倒でもせめて1日おきに靴を替えましょう

また、靴のお手入れも重要。靴が濡れてしまったときは、放っておけば乾くからと放置せず、しっかり乾かすようにしてください。

かかと水虫にかかった状態で長時間靴を履くと水虫がさらに悪化する原因になります。どうしても1日中ずっと靴を履かなくてはいけないという方は、職場でだけ別の履物を用意するとか、休憩中は靴を脱いで靴の中をタオル等で拭く等の工夫をしましょう。

さらに、蒸れやすいブーツや皮靴は避け、通気性の良い靴やパンプスを選ぶこととおすすめします。

かかと水虫になってしまったら?

とはいえ、梅雨の蒸し暑い時期に外回りの仕事でずっと革靴を履いていたりすると、どうしてもかかと水虫になるリスクは高くなります。

かかと水虫は症状が悪化するとかなり痒く、QOLを著しく低下させる懸念もあります。

一刻も早く、かかと水虫を治したい場合にはどうすればいいでしょうか?

市販の薬を活用する

かかと水虫にかかってしまった場合、薬で治療には、内服薬と塗り薬の2つの方法があります。

内服薬タイプの抗菌剤は、市販では買うことが出来ないので、皮膚科に行って処方してもらうことになりますが、軽度のかかと水虫の場合には、水虫用の市販薬の塗り薬で対処することができます。

市販されている水虫薬のタイプは次の3つです。

・ジェルタイプ

・クリームタイプ

・ローションタイプ

・スプレータイプ

白癬菌はとてもしつこく、一見、完治したように見えていても実際に完治しているわけではなく、治るまでに少なくとも約3か月、多くて半年とかかります。

しかも治ったとしても不潔な環境に身を置くと、すぐに再発してしまい、結局は意味がなかったということになりかねません。

なぜ再発するのか?

水虫の症状は収まっても、かゆみのもととなる原因は角質層の奥深くまで入り込んでいるケースもあり、表面だけを治療しても、感知できないというわけです。

かかと水虫を改善するには

  • かかとのかゆみの原因を取り除く
  • 角質層の奥まで浸透する

この2点を押さえておく必要があるのです。

 

角質層の奥まで浸透し、悩みのたねを取り除く「クリアフットヴェール」

クリアフットヴェールはこの2点を抑えているかかと水虫治療薬になります。では、どうして角質層の奥まで浸透し、悩みのたねを取り除くことができるのか、解説したいと思います。

豊富な有機化合物を含む「竹酢液」

竹酢液(ちくさくえき)は竹からできる植物性の液体です。

この竹酢液は悩みのたねの活動を抑え、肌リズムを覚醒される働きがあります。

押さえこんだ悩みのタネをどんどん外に出していくのです。

肌質を柔らかくして浸透力アップ:サリチル酸

このサリチル酸によって、通常の状態よりも角質層への浸透力が高まります。

これによって、なかなか届きにくい竹酢酸を奥深くまで届かせ、悩みのタネにアプローチすることができるのです。

CPL(環状重合乳酸)で肌をガード

この2つの作用に加えて、クリアフットヴェールに含まれているCPLは日常生活のいたるところに潜む悩みのタネから肌をガードします。

この効果により、繰り返す悩みを終わらせることができるのです。

 

⇒クリアフットヴェールを見に行く

 

クリアフットヴェールの口コミ

角質層まで浸透し、悩みのタネに作用し、更に肌をガードするクリアフットヴェールですが、なんと使用者の94%がその効果を実感しています(公式サイトより)

その中でいくつか口コミについて紹介したいと思います。

口コミ1.30代男性

自分の足の変化には気づいていました。色々と試してみたものの、効果がない。ほとんど諦めていたところ、「クリアフットヴェール」に出会いました。

使い始めて1か月たたないうちに驚くほど実感できました。カサカサがなくなって肌の感触にも変化が感じられたのです。

口コミ2.40代男性

仕事柄、通気性の悪い靴を履く必要があり、日常生活にもむずむずや匂いが気になっていました。

そんな中、この「クリアフットヴェール」にであったのですが、使い始めて1~2週間で肌トラブルの頻度は減りました。

長年の悩みが解消された瞬間でした。

これからも継続して使っていきたいです。

 

⇒クリアフットヴェールのもっと詳しい口コミを見る

 

クリアフットヴェールを最安値で購入する方法

では、このクリアフットヴェールを最安値で購入するにはどこで購入すればよいのか

  • 楽天
  • アマゾン
  • Yahooショッピング
  • ドン・キホーテ
  • その他通販・店頭販売

を調査しました。

その結果、なんと楽天やアマゾンといった大手通販サイトでの取り扱っていないことがわかりました。

それどころか、Yahooショッピングなどのその他通販、薬局やドン・キホーテといった店頭販売を行っていないことが分かりました。

 

クリアフットヴェールを取り扱っているのは公式サイトのみでした。

 

 

また、今なら通常3300円(税別)のところ、以下の割引がされるようです。

  • 1本から申し込み可能のお試しコース:2970円(10%OFF)
  • 3か月ごとに3本ずつの基本コース:2805円 (15%OFF)
  • 1年分12本を一気に購入の年間コース:2640円 (20% OFF)

これに加え、万一商品の品質を気に入らない場合は商品が到着してから25日いないであれば、商品をすべて使い切った後でも1個分の商品代金を全額返金することができます。

 

⇒クリアフットヴェールの公式サイトはこちら(全額返金保障)

 

かかと水虫以外の症状

自分の症状はかかと水虫ではない場合はコチラをご覧ください。

異汗性湿疹(汗疱)

「異汗性湿疹(汗疱)」…「いかんせいしっしん(かんぽう)」と読みます。

皮膚病の名前ですが、耳慣れない言葉ですよね。

異汗性湿疹は、汗をかきやすい手や足の裏の部分に発生する汗疱性湿疹(汗疱)の一つです。

出典:http://www.dermis.net/dermisroot/ja/14754/image.htm

はっきりとした原因はわかっていませんが、汗や皮脂が手や足で大量に分泌し、汚れや雑菌とともに毛穴を詰まらせて炎症を引き起こす疾患です。

炎症を起こした毛穴には、汗疱と呼ばれる白い小さなポツポツがかゆみを伴って発生します。

掌蹠膿疱症

出典:http://www.nakash.jp/iin/hihuka/13ppp.htm

掌蹠嚢胞症。さらに難しい漢字が出てきました。

これは「しょうせきのうほうしょう」と読みます。

異汗性湿疹と同じような症状が出ますが、掌蹠嚢胞症の場合は、主に足の裏や手のひらに膿をもった発疹が見られ、何度も再発を繰り返す厄介な疾患です。

角質の乾燥やアレルギー

かかとがひび割れたり乾燥し、かゆみがある場合、その原因はかかとの乾燥によるものかもしれません。乾燥すると人の肌は過敏になり、ちょっとした刺激でかゆみや痛みを感じてしまうことがあります。

また、靴の素材にアレルギー反応を起こし、それがかゆみを引き起こしているケースも少なからずあります。

ヒビやあかぎれ

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/naohito_zaitaku/53374402.html

かかとの角質の乾燥をケアせずに放っておくと、かかとのヒビ割れを起こしてしまうことがあります。このような症状になったかかとは、痛みやかゆみを発生してしまうことも多く、さらにそこから出血したり炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

老化現象

かかとは常に地面と接する部位なので、どうしても角質が厚くなります。加齢とともにその傾向は強くなり、皮膚が厚くなって乾燥し、かゆみが現れます。

 

異汗性湿疹(汗疱)の対策

水虫ではなく、異汗性湿疹だった場合にはどのような対策をとればよいのか?を次にご紹介します。

保湿&塗り薬をつけ、清潔にして刺激しない

異汗性湿疹になってしまっても、軽症の場合は、次の3つの対処法が効果的です。

①尿素50%以上含有の保湿クリームを塗る

②ステロイド系の塗り薬を塗る

③かかと部分を摩擦から保護する(バンテージなど)

このケアを行う場合も、足を清潔に保つことが大前提です。

また、症状が重い場合は、自己判断せず皮膚科で診てもらいましょう。

 

角質の乾燥対策

角質の乾燥対策をすることが、かかとのかゆみを抑えることにつながります。

また、かかとの皮膚が柔らかくなると、薬剤が浸透しやすくなり、水虫や異汗性湿疹などの皮膚疾患の塗り薬の効果が上がり、治りが早くなります。

そして、何よりスベスベの美しいかかとが手に入る!

角質の乾燥対策=保湿は、いいことづくめです。その方法をご紹介しましょう。

入浴はゆっくりと

お風呂に入る時は、40度前後のぬるめの湯船に約15分程度は浸かり、かかとの皮膚を柔らかくします。

そして、石鹸などを泡立てたものに市販のスクラブやあら塩などを混ぜて、かかとを優しくこすり、古くなった角質をとりのぞきます。

その際、あまりこすりすぎないことがポイント!また、角質ケアは一度に一気に行わず、多くても週に1~2回程度にしましょう。

お風呂あがりの保湿も忘れずに行ってください。

保湿ケア商品を活用

乾燥が原因で起こるかかとのかゆみには、保湿クリームを活用するのもいいでしょう。

さらに、保湿クリームを塗ったあとに、かかとカバーを履いて過ごすと、さらに保湿効果がアップします。

長く続けることで、かかとの乾燥によるかゆみも減って、カサカサも改善します。

自宅で簡単にできるセルフケア

分厚くなってしまったかかとは、次の手順でケアを続けると効果的です。

①入浴前に除菌シートで足首から下を清潔にする

②湯船につかった後、石鹸などを泡立てたものに市販のスクラブやあら塩などを混ぜて、かかとを優しくこする(4-1.参考)

③お風呂上りにボディ用のオイルや化粧水で水分を補給する

④ボディ用の保湿クリームかワセリンをたっぷり使って保湿する

⑤寝る時は保湿用のバンテージでかかとを保護する(靴下は血流が悪くなるのでできるだけ避ける)

 

誤ったケアに注意しましょう

かかとのかゆみの原因とその対策について、ご紹介してきました。

ただ、かゆみの原因をしっかりと確認せず、間違ったケアをすると、逆効果になってしまうので注意しましょう。

例えば、かかと水虫に気づかず、かかとの乾燥が気になるからと保湿クリームをたっぷり塗ると、カビが好む多湿の環境を作ってしまいます。

また、かかとのひび割れを軽石でこすると、ツルツルになったように見えますが、皮膚表面の目に見えない傷から菌が皮膚に浸入しやすくなり、結果として白癬菌の範囲を広げてしまいます。

また、硬くなった角質をやすりや軽石などで無理に削ると、刺激を受けた皮膚はより角質化しやすくなってカサカサかかとの症状が、更に進んで逆効果です。

 

まとめ

かかとがかゆくなる原因によって、その対処方法は違いますが、足を清潔に保つ、同じ靴を毎日履かない、お風呂での角質ケアや保湿など、日常生活に習慣として取り入れられることも数多くあります。

美しいスベスベかかとを手に入れることにもつながりますから、今日から少しずつ始めてみてはいかがでしょう?

ただ、かゆみが長く続いている場合や、水泡などかゆみ以外の症状がある時は、早めに皮膚科で診察してもらうことをおススメします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*