検査薬でも分からない妊娠「超」初期症状の特徴をチェック!

「いつもと違う、赤ちゃんできたかな?」と思っても、それが妊娠のサインなのかどうか見分けるのは案外難しいもの。特に生理不順の方は妊娠初期は気づきにくいと言われています。

妊娠検査薬も使えない初期の段階も赤ちゃんのためには非常に大事な時期です。わかっていれば、禁酒や禁煙・食生活に気を付けることができるのですが。

「もしかして、妊娠したのかな?」そう思ったあなたのために妊娠症状が始まる時期とともに妊娠した時の特徴的な症状をまとめました。

自分が妊娠したかどうかの目安としていただければ幸いです。

スポンサードリンク

Contents

妊娠初期症状とは?

15319206895_2291b03b23_n

妊娠初期症状というのは妊娠0週から14週までにあらわれる諸症状のことをいいます。代表的なものとは皆さんもよく知っている「つわり」ですね。妊娠初期は女性の体の中で赤ちゃんを守るために女性ホルモンが分泌され、子宮が膨らみ始めるのです。

妊娠超初期と妊娠初期の違い

よく聞く言葉として、妊娠「超」初期と妊娠初期という言葉があります。時期的には超初期の方が早いことがわかると思いますが。厳密にはいつからいつまでのことを指すのでしょうか?

妊娠超初期とは、妊娠初期の中でも妊娠0週~4週くらいの時期を指します。

妊娠超初期は妊娠初期の中でも妊娠0週から4週くらいの間のことをいいます。

妊娠週の数え方は前回の生理がはじまった時を起点に考えます。したがって、次の生理予定日は妊娠4週ということになるのです。

妊娠超初期は生理前の症状と似ているために気が付きにくいです。ただ、注意深く自分の体に起こっていることを理解し、観察すれば様々な特徴が見えてきます。

妊娠初期症状は生理が遅れているのが妊娠に気づきやすいが。。。

妊娠4週間後になりますと生理が遅れていることによって、妊娠に気づくことが多いかと思いのではないでしょうか?

一般的に妊娠の症状がわかるとされているのは、生理予定日から1週間後です。市販されている妊娠検査薬もこの時期から使用できます。

しかし、生理不順の人にとっては案外気づきにくいものです。いつものことかと見逃していると実は妊娠していたという人も多いかと思います。

妊娠超初期と比較し、妊娠初期はその症状が強くあらわれます。症状をよく理解しておくことによって、見逃すリスクを低減することが可能です。

 

今回は妊娠超初期の特徴的な症状を紹介します。ご自分が妊娠しているかチェックするのにご使用ください。

スポンサードリンク

妊娠超初期に起こる症状の原因

0010

出典:http://hugooo.jp/ultra-initial/post-4046.html

まずは妊娠超初期の特徴的な症状について説明いたします。とにかく生理の症状と似ているのでわかりにくいので、まずは妊娠のメカニズムから説明することにしました。

妊娠超初期の仕組みと流れ

妊娠超初期は生理予定日の1週間前に起こると言われていますが、それはなぜでしょうか?理解するには排卵から着床までの流れを知る必要があります。

また、妊娠第何週というのはどういう計算の方法をしているか、併せて説明いたします。

・妊娠0週:最終生理の初日

・妊娠2週:排卵日を迎え、この時期に性交して、精子が卵子に入ると受精卵の形になります。

・妊娠3週:排卵日から1週間後に受精卵は子宮にたどり着き、子宮内膜にはりついて着床します。

生理とはこの受精せずに不要になり、子宮内膜が剥がれたものになります。

受精卵が着床することによって、はじめて妊娠超初期に入り、症状を感じ始める方が多いです。

つまり、妊娠超初期症状は着床する妊娠3週間~4週間をいうのです。

妊娠超初期症状はなぜ起こるのか?

受精卵ができて、着床することによって、hCGと呼ばれる別名「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」というホルモンの分泌が始まります。そのために体に変化が起こるのです。

このhCGは妊娠超初期には非常に重要なホルモンとなっており、妊娠に重要と言われるプロゲステロンの産生を保つ働きがあります。

妊娠初期によく現れる症状の一つである「眠気」はこのプロゲステロンの増加が原因となるそうです。

 スポンサードリンク

妊娠超初期の特徴的な症状と体験談

ここからは妊娠超初期に特徴的な症状と原因を紹介していきたいと思います。

基本的には妊娠4週を超えたあたり、つまり妊娠初期に差し掛かったあたりから症状が強くなりますが、妊娠超初期にも症状が出る場合はありますし、着床出血のような特徴的な症状も存在します。一つ一つ、体験談とともに紹介していきます。

何も症状が出ない場合も多い。

妊娠した時の症状は人によって大きく異なります。中には全く症状が出ない人もいますし、これから紹介する症状が現れる人もいるのです。

妊娠超初期の症状1:着床出血

b7b8a2162ad255c178f1cf4579484caf

出典:http://hugooo.jp/ultra-initial/post-4046.html

着床出血は生理予定日の1週間前から3日前くらいに起こります。

子宮内膜に張り付いた受精卵が絨毛というものをはやすため、子宮内膜を傷つけてしまうために起こる症状です。

出血は鮮やかなピンクから薄い茶色の方もおり、量も千差万別です。また、期間も1, 2日で終わった方もおれば、1週間程度続いた方もいらっしゃります。

この症状が起こった方は早期の段階で妊娠していることがわかりますので、見分けることができれば、早期の段階で妊娠の準備を行うことができます。

「着床出血があった?人」の体験談

生理予定日1週間に茶色の出血がありました。結構量はあって、これが着床か思いました。

妊娠超初期の症状2:微熱

妊娠超初期の代表的ないう症状の一つに「微熱が出たようなだるさが続く」という症状があります。妊娠初期のだるさはほとんど約1ヶ月~2ヶ月の間悩まされることになります。長引く場合は栄養不足や体力不足も疑われますので、ご注意を

「妊娠超初期に微熱が出た人」の体験談

主人が触ると体が熱いのが分かるらしい(26歳)

生理予定日から37度前半の発熱が続いた。でも他の症状はなく、しばらくしてから妊娠が発覚した(31歳)

妊娠超初期の症状3:頭痛、偏頭痛

8892-1

 

痛み方は人それぞれですが、頭の片側がズキズキ痛む偏頭痛に悩まされることが多いようです。

妊娠による体調変化、ストレスが原因で脳血管が広がり、神経が圧迫されるのが要因のようです。

「妊娠超初期に頭痛があった人」の体験談

生理予定日の3日前から偏頭痛に悩まされていました。着床出血らしきものがあったので、これで妊娠したと確信しました(24歳)

妊娠超初期の症状4:眠気

妊娠すると、疲れやストレスによって睡眠不足になる場合もありますが、先ほど申した通り、プロゲステロンが増加することによって、眠気を引き起こします。

もし眠ってしまっても大丈夫なら我慢せず寝てしまいましょう。仕事中など眠るのが困難な場合はストレッチやガムを噛んだりすることをおすすめします。

「妊娠超初期に微熱が出た人」の体験談

生理予定日前後にいつにない眠気を感じました。生理も来ておらずもしやと思いましたが。。。(36歳)

妊娠超初期の症状5:トイレが近くなる。

妊娠すると子宮が徐々に大きくなり膀胱を圧迫するため、頻尿になりやすくなります。また、自律神経のバランスが崩れやすく、腸の機能が低下するため、腸の不調、つまり便秘や下痢になりやすくなります。

水分はこまめに取るようにしましょう。ただ、カフェインは利尿作用がありますので、コーヒーや緑茶は避けるようにしましょう。

「トイレがいやに近くなったなという人」の体験談

生理予定日直前には30分前にトイレにいったのに、またトイレに行きたくなった。ということが多かったです(29歳)

妊娠超初期の症状6:お腹の張り

妊娠すると子宮が大きくなりますが、子宮の筋肉が伸びたり、血流が増加することによって、お腹の張りは起こります。同時に胸の張りも生理前と比較して強くなるようです。

気をつけていただきたいのが、子宮の成長ではなく、「子宮の収縮による」張りである場合は要注意です。

恥骨の少し上にある子宮の一部がバレーボールのような硬さに感じる場合、子宮の収縮の可能性があります。

流産のおそれもありますので、まずは安静にし、症状が続く場合はすぐに病院に受診してください。

「お腹や胸が張った」の体験談

生理予定日前後にいつも以上に胸がパンパンに張っていました。お腹も張っていて、普段の生活に支障をきたすほどでした(32歳)

妊娠超初期の症状7:肌荒れ、ニキビ

妊娠すると、ホルモンバランスが乱れてしまうため、肌トラブルが増加すると言われています。また、化粧品が合わないなどの症状が強く出てしまうのも特徴です。

「肌荒れ、ニキビがありました」の体験談

生理4日前に大きめのニキビが3つできました。ここ数年できてなかったのにと思うと口内炎も出来始めたのを覚えています(33歳)

妊娠超初期の症状8:おりものの様子が違う。

妊娠によって、プロゲステロンや女性ホルモンの分泌がふえることにより、おりものの量が増えます。粘性の高いクリーム色のおりものといったいつもと違うのが特徴です。

「おりものがいつもと違う人」の体験談

生理予定日3日前くらいに薄いピンク色のおりものが出ました。その後は茶色のものが出続けました。

妊娠超初期の症状9:匂いに敏感になる。

妊娠すると匂いに敏感になる方が多くいます。今まで平気だった匂いがある日を境に匂いを嗅ぐと気持ち悪くなったりするようです。

「急に匂いが気になるようになった人」の体験談

生理予定日前後に急に炊きたてのご飯の匂いがダメになりました。その時期、その匂いを嗅ぐと吐き気を催していました(36歳)

妊娠超初期の症状10:唾液が増える。

妊娠すると消化機能が低下してしまいます。そのため、母体の水分代謝が悪くなり、体の中で水のようなもの(水毒)が溜まってきます。

その水毒が増えてあふれてきたものが「よだれつわり」の原因になります。

「唾液が急に増えた人」の体験談

生理予定日から1週間前に急に唾液量が増え、吐き気を催すようになりました。これもつわりの一種なんでしょうか(21歳)

妊娠超初期の症状11:鼻水が増える。

妊娠中に鼻炎が悪化する、妊娠性鼻炎というものがあります。タバコの煙やハウスダスト、花粉によって、悪化する可能性もあるようです。

「鼻水が増えた人」の体験談

妊娠初期に鼻水がとまらないし、喉が痛い症状が続きました。あとで調べると「妊娠性鼻炎」という症状だったようですね(31歳)

妊娠超初期の症状12:下腹部に痛み

妊娠すると、子宮は収縮や拡大を始めますが、その収縮によって起こるのが、下腹部の痛みです。

「下腹部が痛い人」の体験談

生理予定日1週間前からチクチクと下腹部の痛みが始まり、しばらく痛みが続きました。しばらくして妊娠が発覚。ちゃんと子宮内の胎嚢ができていて良かったです(29歳)

妊娠超初期の症状13:腰に痛み

妊娠して子宮が拡大することによって、膀胱や恥骨などの器官を圧迫してしまうため、腰痛になるときがあります。

「腰が痛い人」の体験談

生理予定日前後に腰痛がひどくなりました。しばらく仕事をしていましたが、限界になり休養。その間に妊娠がわかりました(37歳)

妊娠超初期の症状14:胃のむかつき

妊娠超初期に大事なプロゲステロンというホルモンは胃腸の働きを弱めてしまうという作用があります。そのため、胃のむかつきが起こるようです。

「胃がムカムカする人」の体験談

生理予定日前に急に胃のむかつきがひどくなり、食事が喉を通らなくなりました。果物ならなんとか口に入るような状態で辛かったです(25歳)

妊娠超初期の症状15:好みの変化

妊娠すると人によっては食べ物の好みが変化する人がいます。

よく妊娠すると「すっぱいものが欲しくなる」人がいると聞きますが、それだけでなく甘いものやしょっぱいものが欲しくなる人もいます。

「好みが変化した人」の体験談

今まで好きだった鳥の香草焼きが食べれなくなりました。その代わりに牛乳が飲めるようになったり、妊娠によって、自分の好みに大きな変化があったことを実感しました。

スポンサードリンク

妊娠超初期で大事なこと

14287812160_7eff59f778

これまで紹介した妊娠超初期症状ですが、この中でいくつか該当する場合は妊娠している可能性は高いかと思います。

ただ、紹介した症状はあくまで参考程度で考える方が良いかと思います。特に妊活している御夫婦は妊娠したかどうか非常に気になることかと思います。

しかし、妊娠を強く意識しすぎることは女性ホルモンのバランスを崩れてしまい、所謂想像妊娠になってしまう方もいます。

市販されている妊娠検査薬は非常に精度が高いので、きちんとした方法で結果を確認するようにしましょう。

 

おすすめの葉酸サプリ

美人通販の葉酸は産婦人科病棟出身の管理栄養士が考えた酵母発酵させた天然型葉酸を使用。1日3粒で推奨量である400μgが摂取できます!

ホルモンバランスを整えるアグリコン型大豆イソフラボンや、不足しがちなビオチン、鉄分を配合。

着色料、保存料、合成甘味料、香料不使用でつくりました。

定期コース申込で初回540円で購入できちゃいます!

通常価格:4,400円⇒初回限定:540円

お申し込みはコチラ

%e5%9b%b31

>>妊活中♪妊娠中♪の方に送る葉酸サプリ 【美人通販の葉酸】<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*